はい、スリープモードでのタイムマシンのバックアップです。タイムマシンは、スリープモードのときにバックアップします。

タイムマシンがオフになっている場合、またはスタンバイモードで実行されている場合、タイムマシンはバックアップされません。

タイムマシンがスリープモードのときにバックアップできるようにするには、次の手順に従います。

  1. メニューバーのAppleアイコンをクリックし、[システム環境設定]を選択して、TimeMachine環境設定を開きます。
  2. [タイムマシン]タブをクリックし、[バックアップオプション]リストから[このコンピューターをスリープモードで使用する場合のバックアップ]を選択します。
  3. [OK]をクリックして変更を保存し、TimeMachine設定ウィンドウを閉じます。

タイムマシンがオフになっている場合、スリープモードでバックアップされますか?

はい、タイムマシンはスリープモードでバックアップします。これは、コンピュータが低電力状態になり、この状態の間、バックアップを継続することを意味します。タイムマシンは、新しいバックアップをダウンロードするためにインターネットにアクセスする必要があるため、電源がオンになっているとバックアップできません。

タイムマシンはどのくらいの頻度でスリープモードでバックアップしますか?

スリープモードでのタイムマシンのバックアップは、コンピューターがスリープ状態になったときに発生します。タイムマシンは、スリープ中にバックアップします。これは、1日に1回発生する場合があります。または、コンピューターがバッテリー電源で、コンセントに接続されていない場合は、より頻繁に発生する可能性があります。タイムマシンのスリープを停止したい場合は、毎晩自動的にバックアップされるようにタイマーを設定できます。

スリープモードでのタイムマシンのバックアップの頻度は、コンピューターの使用頻度やバッテリーの残量など、さまざまな要因によって異なります。これは、WindowsServerバックアップやMacOSX用のTimeMachineなどのソフトウェアを使用してスケジュールバックアップを設定することによっても制御できます。

タイムマシンのスリープを停止したい場合は、毎晩自動的にバックアップされるようにタイマーを設定できます。または、WindowsServerBackupやTimeMachinefor Mac OS Xなどのソフトウェアを使用して、定期的なバックアップをスケジュールすることもできます。

スリープモードでのTimeMachineバックアップに必要なデータの最小量はどれくらいですか?

スリープモードでのTimeMachineバックアップには、少なくとも400MBのデータが必要です。この量のデータは、開いているすべてのファイルやフォルダーなど、コンピューターの現在の状態を保存するために必要です。ハードドライブの空き容量が400MB未満の場合、タイムマシンのバックアップを完了できません。

スリープモードでは、通常のTime Machineバックアップはどのくらいのスペースを占有しますか?

スリープモードでは、通常のTime Machineバックアップはどのくらいのスペースを占有しますか?スリープモードでのTimeMachineバックアップは、通常、通常のバックアップとほぼ同じ量のスペースを占有します。Time Machineバックアップのサイズは、ハードドライブのサイズと、バックアップしたファイルとフォルダの数によって異なります。

スリープモードでフルタイムのマシンバックアップを行うための十分なスペースがない場合はどうなりますか?

スリープモードのTimeMachineバックアップがあり、ハードドライブに十分なスペースがない場合、バックアップは削除されます。バックアップを保持したい場合は、ハードドライブ上の別の場所に移動する必要があります。

スリープモードのTimeMachineバックアップからファイルを除外できますか?

スリープモードでのTimeMachineバックアップは、コンピューターで現在使用されているファイルを除外します。最近アクセスまたは変更されたファイルは、スリープモードのTimeMachineバックアップに含まれます。

Time Machineバックアップから特定のファイルを除外する場合は、MacのTimeMachine設定を使用して除外できます。Time Machine設定を開くには、Appleメニューをクリックして、「TimeMachine」を選択します。Time Machineの環境設定ウィンドウで、[バックアップ]をクリックし、[バックアップの種類の選択]で[ローカルバックアップ]を選択します。[バックアップオプション]ウィンドウの[バックアップからファイルを除外する]で、TimeMachineバックアップから除外するファイルを選択します。

Time Machineバックアップからすべてのファイルを除外するには、[なし]を選択します。

スリープモードでTimemachineによって作成されたバックアップにアクセスするにはパスワードが必要ですか?

コンピュータがスリープモードの場合でも、macOSSierraのTimeMachine機能によって作成されたバックアップにアクセスできます。ただし、これらのバックアップにアクセスするには、最初にパスワードを入力する必要があります。

パスワードを忘れた場合は、次の手順でリセットできます。

  1. [システム環境設定]を開き、[セキュリティとプライバシー]をクリックします。
  2. TimeMachineアイコンをクリックします。
  3. [パスワード]フィールドに現在のパスワードを入力し、EnterキーまたはReturnキーを押して変更を保存します。
  4. Time Machineに現在のパスワードを設定していない場合は、プロンプトでadminと入力し、EnterキーまたはReturnキーを押して新しいパスワードを作成します。

Time Machineのバックアップはスリープモードで暗号化されていますか?

はい、TimeMachineバックアップはスリープモードで暗号化されます。これは、バックアップが保護された形式でハードドライブに保存され、パスワードでロックを解除しない限り、他のユーザーがアクセスできないことを意味します。データを常に安全に保つために、TimeMachineを使用してデータを定期的にバックアップすることをお勧めします。

スリープモードでのTimeMachineバックアップにはどのような種類の圧縮が使用されますか?

スリープモードでTimeMachineバックアップを作成すると、バックアップは通常のバックアップに使用されるのと同じ圧縮アルゴリズムを使用して圧縮されます。デフォルト設定はAppleLosslessで、ファイル内のすべての情報を保持するロスレス圧縮形式を使用します。CompressibleまたはRaw形式を使用することもできます。これらの形式は、圧縮率は低くなりますが、データが失われる可能性があります。

複数のMacが同じTimeMachineボリュームをスリープモードで使用できますか?

複数のMacがあり、スリープモードで同じTime Machineボリュームを使用する場合は、各Macをスリープモードでバックアップするように設定する必要があります。

これを行うには、Macでシステム環境設定を開き、TimeMachine環境設定ペインを選択します。[使用時のバックアップ]で[スリープモード]を選択します。「使用時」の横にあるチェックボックスを選択することにより、Time Machineを使用するときにバックアップを有効または無効にできるようになりました(図1を参照)。

図1:システム環境設定-TimeMachine環境設定ペイン

1台のMacのみをスリープモードでバックアップする場合は、[使用時]の横のチェックボックスをオフにすることで、他のすべてのマシンのバックアップを無効にできます。後で別のマシンにデータをバックアップすることにした場合は、共有ボリュームにアクセスできるように、そのマシンのバックアップを再度有効にする必要があることに注意してください。

トピックに基づいて13の簡潔な質問を生成します:タイムマシンのバックアップをスリープモードにしますか??

-スランバー中の自動バックアップを無効にするには:[システム環境設定]->[セキュリティとプライバシー]->[一般]->[日付と時刻]->[スランバー中の自動バックアップをオフにする]を選択します。

-眠りから覚めた後、自動バックアップが開始されるまでの時間を変更するには:[システム環境設定]->[セキュリティとプライバシー]->[一般]->[日付と時刻]->[自動設定]を選択します。

-注:最初にシステム環境設定を開いて左下隅にある「ユーティリティ」をクリックしない限り、眠っている間に自動バックアップを有効/無効にするオプションは「日付と時刻」設定の下にありません。」

  1. スリープモードのときのTimeMachineのデフォルトの動作は何ですか?Time Machineが現在スリープモードになっているかどうかはどうすればわかりますか?Time Machineがスリープモードのときにデータをバックアップできますか?Time Machineがスリープモードのときにデータをバックアップしないとどうなりますか?スリープモードのときにTimeMachineのデフォルトの動作を無効または変更する方法はありますか?Time Machineがスリープモードのときに作成されたバックアップからデータをどのように復元しますか?スリープモードが有効になっているタイムマシンを使用するときに考慮すべき他の考慮事項はありますか?コンピュータを長期間使用する必要があり、データが確実にバックアップされるようにしたい場合、Macbook Proのスリープモードをオフにする必要がありますか?コンピュータを長期間使用する必要があり、データがバックアップされないようにしたい場合は、Macbook Proのスリープモードをオフにする必要がありますか?Macbook Proでスリープモードが有効になっているタイムマシンを使用する代わりの方法は何ですか?「デフォルトの動作:Command + Qを押して(またはメニューバーから「SleEP」を選択して)「TimeMachine」を「Sleep」状態にすると、コンピュータが次のような別の手段で再び起動されるまで、すべての自動バックアップが停止します。電源を入れ直すか、Command+Qをもう一度押します。」 Macbook Proが現在スリープ状態になっているかどうかを確認するには、画面の左上隅にある「Slumbering...」というメッセージを探します。このメッセージは、MacBook Proがスリープ状態のままの場合、約5分後に消えます。」MacBook Proがスリープ状態であっても、定期的なバックアップを作成し続けることができます。ただし、コンピュータがスリープ状態から復帰すると、スリープ状態になってから作成された新しいバックアップはすべて保持されます。すでに完成しています。」デフォルトの動作を無効にする/変更する:
  2. MacBookProのスリープ中にデータをバックアップしないことに関連する悪影響はありません。""OS X Yosemite以降からバックアップファイルを復元するには:1aオプション(Macintoshキーボードショートカット⌥⇧O)を押したまま、[移動]>[移動]を選択します。ホームフォルダ(またはControl + Hを押します)。 1b〜/ Library / Application Support /と入力し、ReturnキーまたはEnterキーを押します。 ""スリープモードを有効にしてタイムマシンを使用する場合のその他の考慮事項には、バックアップセッション中にコンピューターが自動的にウェイクアップを試みないようにWakeOnLAN機能を無効にすることが含まれます。 ;また、パスワードと重要なファイルが/ Users/"ユーザー名"/TimeMachine "" "以外の場所に保存されていることを確認してください。ラップトップを長時間(たとえば2時間以上)放置する場合は、オフにすることをお勧めします。代わりに「スリープ」してください。「ラップトップを長時間(たとえば2時間以上)放置する場合は、代わりに「スリープ」をオフにすることをお勧めしますが、シャットダウンする前にすべての重要なファイルを手動でコピーするようにしてください。」 USBドライブや、DropBoxやiCloudなどのクラウドストレージサービスに外部から保存するなど、保護するファイルの種類に応じて、いくつかの代替方法を利用できます。

スリープモードでTimeMachineの自動バックアップを有効または無効にするにはどうすればよいですか?スリープモードが長時間続いているときにコンピュータが過熱しないようにするにはどうすればよいですか?

スリープモードでTimeMachineの自動バックアップを有効または無効にする場合は、次の手順に従います。

  1. Appleメニューからシステム環境設定を開きます。
  2. TimeMachineアイコンをクリックします。
  3. 「バックアップ」セクションで、コンピュータがスリープモードのときにTimeMachineでバックアップを作成するかどうかを選択します。コンピュータがスリープモードのときにバックアップを作成したくない場合は、[スリープモードでバックアップを有効にする]の横のチェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。
  4. スリープモードが長時間続くときにコンピュータが過熱しないようにするには、[温度]タブをクリックし、リストから目的の温度(通常は華氏約65度)を選択して、Macの低温のスリープ温度を選択します。終了したら[OK]をクリックします。