Android StudioでZIP(.ZIP)アーカイブを作成するには、最初にIDEを開き、次の手順に従います。

Android StudioでZIP(.ZIP)アーカイブを作成するには、最初にIDEを開き、次の手順に従います。

ZIPを作成するには(。

  1. Android Studioを開きます[ファイル]メニューをクリックします[新しいプロジェクトを選択します][新しいプロジェクト]ダイアログで、[Zipファイル]を選択しますプロジェクト名(MyZipFileなど)を入力し、[OK]をクリックしますAndroid Studioのメイン画面で、[資産]フォルダーをクリックしますプロジェクトの解像度を見つけます/ rawディレクトリこのディレクトリ内のすべてのファイルを、作成したzipファイルにドラッグアンドドロップします。[ビルド]ボタンをクリックします。これで、MyZipFileという名前のzipファイルが作成されます。このファイルを解凍するには:コンピュータで、コマンドプロンプトウィンドウを開きます(Windows )またはターミナル(MacOSX)。 cdと入力して、プロジェクトのルートディレクトリに移動します。 unzip MyZipFileと入力して、コンピューターに解凍します-このzipファイルをインストールするには:MyZipFileを/ sdcard /AndroidStudioProjects/にコピーします/。パスは、使用しているAndroid Studioのバージョンによって異なります。このzipファイルを既存のプロジェクトの一部として使用する場合は、代わりに〜/ .androidstudio / config /projects/にコピーしてください。/。
  2. Android Studio内で、メインメニューバーから[ファイル]> [新しいプロジェクト...]を選択します。開いた新しいウィンドウで、使用可能なすべてのオプションから[Zipファイル]を選択します。ZIPアーカイブに適切な名前を入力します(例:「MyFirstZIP」)。 )、[OK]をクリックします4a。 Android Studioのメイン画面で、プロジェクトのアセットフォルダー5bを見つけます。そのすべてのコンテンツを、新しく作成したZIPアーカイブ6cにドラッグアンドドロップします。次に、左上の「ビルド」をクリックします7d。その後、出力された「MyFirstZIP」フォルダがプロジェクトのルートディレクトリ9fに作成されているのがわかります。最後に、将来使用するためにこのZIPアーカイブをSDカードにインストールする場合は、/ sdcard /(OSドライブ文字)/ AndroidStudioProjects /(プロジェクト名) '10gにコピーします。ここで"(OSドライブ文字)」は「C:」のようになります。 11時間お楽しみください!

Android Studioのインターフェースにどのようにアクセスしますか?

Android Studioで、メインメニューを開き、[ファイル]>[新しいプロジェクト]を選択します。開いたダイアログで、[名前]フィールドにZipFileと入力し、[OK]をクリックします。新しいプロジェクトは、現在の作業ディレクトリに作成されます。

Android Studioで初めてzipファイルを作成するときに、マニフェストファイルを作成するように求められます。[次へ]をクリックして続行します。

Android Studioは、[Zipファイルの作成]ダイアログボックスを表示します。zipファイルの名前(たとえば、MyFirstZip)を入力し、[保存]をクリックします。

Android Studioは、プロジェクトのマニフェストファイルを生成し、ダイアログボックスを閉じます。これで、メインメニューの[プロジェクト]タブから選択し、[Zipファイルを開く...]をクリックして、新しく作成したzipファイルにアクセスできます。

複数のプロジェクトを含むzipファイルを作成する場合は、各プロジェクトが[Zipファイルの作成]ダイアログボックスの[マニフェスト]セクションのエントリとして追加されていることを確認してください。そうしないと、AndroidStudioはプロジェクトファイルの有効なマニフェストを作成できません。

Android Studioのどこから新しいプロジェクトを作成できますか?

メインツールバーの[新しいプロジェクト]ボタンをクリックし、使用可能なプロジェクトタイプのリストから[Android]を選択すると、AndroidStudioで新しいプロジェクトを作成できます。または、[ファイル]>[新しいプロジェクト]メニューオプションを使用することもできます。プロジェクトタイプを選択するように求められたら、Androidアプリケーションを選択します。次に、プロジェクトの名前を入力して、[OK]をクリックします。

新しいプロジェクトを作成したら、いくつかの基本的なファイルとリソースを追加する必要があります。これを行うには、プロジェクトのsrc / mainディレクトリにあるMainActivity.javaファイルを開き、ファイルの先頭に次の行を追加します。

パッケージcom.example; android.os.Bundleをインポートします。 android.support.vをインポートします

次に、androidxへの参照を追加します。インポートセクションに次の行を追加して、ライブラリをサポートします。

androidxをインポートします。サポート 。 v

最後に、次の行を追加して、GoogleApiClientのインスタンスをクラスに追加します。

//GoogleのAPIサービスへのアクセスを取得しますprivateGoogleApiClientgoogleApiClient = new GoogleApiClient(); //認証クレデンシャルを設定しますgoogleApiClient.setAuthConfig(new AuthConfig( "YOUR_GOOGLE_API_KEY"、 "YOUR_GOOGLE_SECRET_KEY")); //JSONデータをJavaオブジェクトに変換するために使用されるGsonBuilderのインスタンスを作成しますGsonBuildergsonBuilder= googleApiClient .createJsonFactory(); // GsonBuilderを使用して、サンプルのJSONデータをJavaオブジェクトに変換しますString jsonData = "{'name':'John'、'age':25}";オブジェクトobj1=gsonBuilder .fromJson(jsonData、TypeConverter .ofType(Person));システム 。 out .println(obj

  1. appcompat。*; importandroid.view。*; public class MainActivity extends AppCompatActivity {@Override protected void onCreate(Bundle savedInstanceState){super .onCreate(savedInstanceState); setContentView(R .layout .activity_main); }}
  2. appcompat;
  3. ; String jsonData2 = "{'name':'Jane'、'age':30}";オブジェクトobj2=gsonBuilder .fromJson(jsonData2、TypeConverter :: ofTypeArray());システム 。 out println(obj; //代わりにGSONの汎用コンバーターを使用して、毎回タイプを指定する必要がないようにします。int [] numbers = {1、2、3}; Object obj3 = gsonBuilder-> fromJsonArray(numbers); System out println(obj;}//endコンストラクターpublicstaticvoid main(String [] args){launchApp(args);} // end main()private static void launchApp(String [] args){Intent intent = new Intent( ); intent-> putExtra( "APPID"、getPackageManager().getApplicationId()); intent-> putExtra( "KEY "、getPackageManager().getSecretKey()); startActivityForResult(intent、R。" / MainActivity ");} // end launchApp()/***パッケージマネージャー情報を取得または設定します*/privatesynchronized PackageManager getPackageManager(){ return mgr;} /***指定された識別子で結果のアクティビティを開始します*/protected void startActivityForResult(Intent intent、String resultName){if(!mgr == null){mgr-> startActivitiesWithArguments((ArrayList>)intent)。

Android Studioで既存のプロジェクトをどのように開きますか?

Android Studioで新しいプロジェクトをどのように作成しますか?既存のプロジェクトをAndroidStudioにどのようにインポートしますか?Android Studioのプロジェクトに含めることができるさまざまな種類のファイルは何ですか?Androidプロジェクトでクラスをどのように作成して使用しますか?Android Studioのプロジェクトにリソースをどのように追加しますか?Android Studioでプロジェクトを操作するときに実行する必要がある一般的なタスクは何ですか?Android Studioを使用して作成されたプロジェクトを最適化するためのヒントは何ですか?

  1. 既存のプロジェクトを開くには、最初にコンピューターでファイルを見つけてから、IDE内で開きます。ファイルが存在しない場合は、[ファイル]メニューから[新しいプロジェクト]をクリックしてファイルを作成できます。
  2. 新しいプロジェクトを作成するには、[ファイル]メニューから[新しいプロジェクト]をクリックし、表示されるオプションのリストから[Javaプロジェクト]を選択します。
  3. 次の画面で、プロジェクトの名前を入力し、プロジェクトを保存するコンピューター上の場所を選択します。
  4. プロジェクトが作成されたら、[OK]をクリックしてメインIDEウィンドウに戻ります。
  5. 既存のプロジェクトをAndroidStudioにインポートするには、最初に含めるファイルが含まれているフォルダーを見つけてから、それらをIDEウィンドウにドラッグアンドドロップします。
  6. すべてのファイルがインポートされたら、[完了]をクリックして[インポート]ダイアログボックスを閉じ、プロジェクトウィンドウに戻ります。
  7. 新しくインポートしたプロジェクトの操作を開始するには、IDEウィンドウの下部にある[プロジェクト]パネルからプロジェクトを選択し、その内容の編集を開始します。

Android Studioでzipファイルを作成するプロセスは何ですか?

Android Studioでは、[ファイル]>[新規]>[Zipファイル]を選択してzipファイルを作成できます。[新しいZipファイル]ダイアログボックスで、zipファイルの名前と場所を指定し、[OK]をクリックします。既存のプロジェクトからzipファイルを作成するには、[プロジェクト]>[エクスポート]>[Zip]を選択します。[ZIPのエクスポート]ダイアログボックスが表示されます。[ZIPのエクスポート]ダイアログボックスで、zipファイルの名前と場所を指定し、[保存]をクリックします。zipファイルを解凍するには、次の手順に従います。

Android開発にGradleを使用する方法

このガイドでは、IntelliJ IDEAUltimateEditionを使用したAndroid開発にGradleを使用する方法を紹介します。また、タスク、プロファイル、ビルドなど、Gradleのさまざまな機能の使用方法についても説明します。最後に、Gradleを使用する際の生産性を向上させるためのヒントをいくつか紹介します。

Gradleとは何ですか?

Gradleは、Java言語を使用してソフトウェアプロジェクトをビルドするために使用されるオープンソースのビルド自動化システムです。Android SDKバージョン22(Lollipop)、23(KitKat)、24(Oreo)に加えて、Java、Kotlin、Scalaなどのさまざまなプログラミング言語をサポートしているため、モバイルアプリの開発に最適なシンプルさと柔軟性により非常に人気があります。 )、25(パルス)。アプリ開発とは別に、Web開発やソフトウェアアーキテクチャ管理などの他の目的にも使用できます。

Gradleを使用する理由

他のビルド自動化システムの代わりにGradleを使用する理由はいくつかあります。

  1. コンピューターでzipファイルを開きます。すべてのファイルを独自のフォルダーに抽出します。元のプロジェクトの対応するファイル名と一致するように各フォルダーの名前を変更します。zipプロジェクトに含まれていたリソースをコピーします。プロジェクトを再構築します。 zipファイルを解凍するには、[email protected]でサポートに連絡してください
  2. 速度– AntやMavenなどの他のビルド自動化システムと比較して、Gradleは、JVMバイトコード形式で記述されたJavaコードベース操作スクリプトと比較して高速であることが知られているGroovyスクリプト言語を使用するため、はるかに高速です。モジュール性–すべてのタスクが独自の構成ファイルを必要とするAntやMavenとは異なり、Gradleを使用すると、相互に影響を与えることなく独立して実行できる小さなタスクに作業を分割できます。これにより、コードベースの一部で行われた変更は、他の方法で明示的に構成されていない限り、他の部分に影響を与えないため、ビルドの管理がはるかに簡単になります。相互運用性– Gradleはオープンソースであるため、世界中の開発者が拡張機能やバグ修正に貢献できます。つまり、AntやMavenなどの別のビルド自動化システムが提供する特定の機能にアクセスできない場合でも、誰かがそこにいる可能性が高くなります。すでにそれらを実装しています。拡張性–前述のように、モジュール性により、ビルドをより小さなタスクに分割できるため、既存のコードベースを変更することなく、新しい機能を簡単に追加できます。

プロジェクトウィンドウで圧縮する必要のあるファイルはどこにありますか?

Android Studioで、[ファイル]>[新しいプロジェクト]に移動します。開いたダイアログで、プラットフォームのドロップダウンリストからAndroidを選択し、[次へ]をクリックします。次の画面で、プロジェクトの名前と場所を設定し、[完了]をクリックします。プロジェクトファイルは、作業ディレクトリ(Android Studioを実行したフォルダー)にあります。プロジェクトを圧縮するには:

  1. プロジェクトウィンドウで1つ以上のプロジェクトを選択します。
  2. メインツールバーで、[Zip /Unzip...]をクリックします。
  3. 開いた[Zipファイル]ダイアログボックスで、zipファイルの名前を指定し、保存できるコンピューター上の場所を選択します。
  4. [OK]をクリックしてzipファイルを作成します。

zipファイルに含めるファイルをどのように選択しますか?

Android Studioでは、[ファイル]タブを選択し、[圧縮]ボタンをクリックしてファイルを圧縮できます。キーボードショートカットのCtrl+Z(Windows)またはCmd + Z(Mac)を使用することもできます。

プロジェクトを圧縮すると、AndroidStudioはプロジェクト内のすべてのファイルを1つのZIPファイルに圧縮します。ZIPファイルには、プロジェクト内のすべてのファイルとそれに対応するディスク上の場所を一覧表示するXMLマニフェストが含まれています。

プロジェクトディレクトリにないファイルをzipファイルに含めるには、それらをソースファイルとしてプロジェクトに追加する必要があります。これを行うには、プロジェクトのbuild.gradleファイルを開き、新しい依存関係を追加します。

コンパイル'com.android.tools:zip:

次に、次のようにソースファイルをビルド構成に追加します。

sourceCompatibility = "

これらの依存関係を追加した後、[ファイル]>[Zip]> [名前を付けて保存...]を選択し、ZIPファイルのファイル名を入力してプロジェクトを圧縮できます。

  1. 0 '
  2. 6インチ