余談とは、劇の筋書きには必須ではないが、登場人物や設定に関する追加情報を提供する短いスピーチまたは会話です。ほとんどの場合、脇役はメイン キャラクターの 1 人によって話され、彼らが言っていることや行っていることの前後関係を提供します。余談はコミックリリーフとしても使用でき、予想外の方法でプロットを進めるために使用される場合があります.

演出はさておき、芝居において何を示しているのでしょうか?

脇の舞台演出は、通常、俳優または女優が舞台裏で話すことを示しています。これは、俳優が演技中にいつキャラクターを中断したり、一時停止したりする必要があるかを示すために使用できます。さらに、ステージの特定の部分に注意を向ける方法としても使用できます。

俳優が聴衆に直接話すことが許されるのはいつですか?

一般的に、俳優は演劇で観客に直接話しかけることは許可されていません。ステージの演出は別として、俳優が聴衆に話しかけることが許可されていることを示している可能性がありますが、これは慎重に慎重に行う必要があります。一般に、舞台演出は、俳優が聴衆にいつ、どのように話すかを決定します。

俳優は、キャラクターの成長を促進するために脇役をどのように使用できますか?

アサイドは、俳優がキャラクターの開発を促進するために使用できます。たとえば、俳優が悪役を演じている場合、脇役を使用して、自分がどれほど賢くて狡猾であるかを示すことがあります。または、俳優が脇役を演じている場合は、脇役を使用して、性格やバックストーリーについて何かを明らかにすることがあります.余談は、コミックリリーフとして、または劇の筋書きを進めるためにも使用できます。最終的に、アサイドをどのように使用して特定のプレイに役立つかを決定するのは、俳優次第です。

ステージ上でアサイドを使用することの利点と欠点は何ですか?

ステージの方向が脇にあるということは、通常、スピーカーがステージ上の主なアクションの一部ではないことを示しています。これは、追加情報を提供したり、シーンの単調さを解消したりするために使用できます。脇役を使用する利点は、劇に興味と複雑さを加えることができることと、観客の注意を特定の登場人物やプロット ポイントに集中させるのに役立つことです。短所は、スピーカーを脇に置いておくと、ストーリーの中心に立つことが少なくなり、全体的な物語の流れから注意をそらす可能性があることです。

わきに大声で話すことに関連するリスクはありますか?

ステージの方向を脇に置くことは、通常、話者が劇の登場人物ではなく、そのように扱われるべきであることを示します。これは、秘密にしておかなければならない情報を漏らす可能性があるため、大声で話すときにいくつかのリスクを引き起こす可能性があります.さらに、大声で脇に話すことによって、話者は劇の流れを混乱させ、聴衆を混乱させたり怒らせたりする可能性があります.これらのリスクと、サイドを使用してプレーに深みを加える潜在的な利点とを比較検討することが重要です。慎重に慎重に使用すれば、ストーリーやキャラクターに独自の視点を提供できます。

余談の配信は、聴衆によるその解釈にどのように影響しますか?

芝居に舞台演出の「脇」が含まれている場合、それは通常、話し手または登場人物が主なアクションの一部ではないため、注意して聞く必要があることを示しています。余談の配信は、ステージで起こっていることに別の情報レイヤーを追加できるため、聴衆によるその解釈に影響を与える可能性があります。さらに、余談は、スピーカーが聴衆とつながり、シーンで起こっていることについて追加のコンテキストを提供する方法として使用できます。脇役が正しく提供されると、演劇のドラマやストーリーテリングの感覚をより強くするのに役立ちます。

役者は劇を上演する際、常に舞台の指示に厳密に従わなければなりませんか、それとも指示から逸脱することが有益な場合がありますか?

ステージ ディレクションとは別に、演技を始める前に俳優に与えられる簡単な書面による指示です。多くの場合、これらの指示を厳密に順守することは、適切な演劇パフォーマンスのために必須ですが、望ましい効果を得るために逸脱が必要になる場合もあります。たとえば、俳優がシーン中にステージの一方の側から他方の側に移動する必要がある場合、どこに立つべきかを示すステージの方向に厳密に従い、次の指示を待つ必要があります。ただし、キャラクターが常にステージを走り回っていて、どこに立つか、次に何をすべきかについて具体的な指示を必要としない場合は、これらの指示から逸脱して、最善の実行方法を見つけ出すことが有益な場合があります。独自のシーン。最終的には、より良いパフォーマンスを生み出すために、これらの指示を厳密に順守したり、逸脱したりすることを快適に感じるかどうかは、個々の俳優次第です。

舞台演出を無視することで、シーンの意味や観客にとっての芝居全体をどのように変えてしまうのでしょうか?

aside のようなステージ ディレクションは、キャラクターが聴衆に話しかけていることを示したり、シーンの焦点をどこに向けるべきかを示すものとして使用したりできます。脇道のようにステージの方向性を無視すると、シーンの意味や観客にとっての演劇全体さえも変える可能性があります.たとえば、2 人の登場人物が言い争っているシーンに aside のような舞台演出が含まれている場合、それを無視すると、一方の登場人物が突然他の人物から注意をそらし、舞台上の他の誰かと話し始める可能性があります。これにより、議論のトーンが変わり、キャラクター間で何が起こっているかについて異なる結論が導かれる可能性があります.場合によっては、脇のように舞台演出を無視すると、視聴者がシーンで何が起こっているのかを理解する方法が完全に変わる可能性があります。たとえば、「ピーターは悲しそうに見える」という舞台演出がある場合、それを無視すると、ピーターが急に嬉しそうに見えるかもしれません。この感情の変化は、劇中のこれまでのピーターのキャラクター開発からこれらの線に沿って何かを期待していた視聴者を混乱させたり驚かせたりする可能性があります.

一般的に役者をつまずかせたり、観客を混乱させたりする舞台演出は他にありますか? また、それらに効果的に対処するにはどうすればよいでしょうか?

ステージの方向を脇に置くことは、通常、俳優がステージの横または後ろに移動する必要があることを示します。また、キャラクターが話しようとしていること、またはオブジェクトがステージに運ばれようとしていることを示すこともできます。他の一般的なステージ方向には、「出る」と「入る」があります。これらの指示を扱うときは、それらが何を示しているか、劇中でどのように使用されているかを念頭に置くことが重要です.たとえば、俳優がステージを出なければならない場合、どこに行くべきか具体的な指示を与えると役に立ちます。同様に、オブジェクトが舞台に持ち込まれる場合、それらの役を演じている俳優がいつ、どこに現れるかを知っておくと役に立ちます。これらの基本的なガイドラインに従うことで、観客は演劇を見ているときに混乱や不満を避けることができます.